公正取引委員会申告フォーム

フォーマットを作りました。コピペで通告できます。
各店舗毎に多少異なる部分もあると思いますのでいじってご使用ください。
電話の方が良い方は
https://www.jftc.go.jp/soudan/madoguchi/index.html
03-3581-5471(代表)
情報管理室につないでもらう。

★(1)違反被疑行為者の名称
楽天株式会社
★(2)違反被疑行為者の所在地
〒158-0094 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
楽天クリムゾンハウス
★[必須] 報告の内容
2018年7月31日、郵送にて楽天株式会社が出店店舗に対して
・一方的なツール(受注システム等)の押し売り販売
・販売手数料の値上げ
・理不尽な罰金ルールの適用(予定)
などを発表
店舗側が上記を逃れるには退店しか道は無く独占禁止法、優越的地位の濫用にあたると思われます。
★違反被疑行為者等の概要
【一方的なツール(受注システム等)の販売】
①「楽天ペイ」という店舗にとって必要のない受注販売システムを強制的に使用させ販売手数料を約1%値上げさせた
※現在は導入店舗と未導入店舗が混在しており今年中には全店舗適用される見込み
※申込制であったが突然同社が勝手に各店舗の申込手続を完了させ課金が発生している
※店舗によっては課金されることを知らされず電話で誘導されてWeb申込みボタンを押してしまった店舗も存在している
②R-Chatというお客様とのコミュニケーションツールを強制的に販売
※2018年9月より導入予定。導入を断ることはできず、月に5000円(税抜)の課金となる
※特に少人数で経営している店舗では本ツールを使用する余裕がなく苦情が殺到している
【課金etcの値上げ】
①アフィリエイト費用が売上に対して1%であったが2019年2月から最大8%となる
※楽天市場以外のWebサイトに出ているアフィリエイトという画像広告からお客様が購入した際の広告手数料である
※店舗側はこの広告を使用するか否かの選択権はなく強制的に掲載されてしまう仕組みにもかかわらず強制的に値上げとなる。
※また店舗はこの広告が本当に使われて購入に至ったか否かの確認手段はない。
②R-Messageの強制的使用
※各店舗の商品が掲載されたメールを楽天市場が勝手にお客様に送信し、それを見てリンクをクリックしただけで100円が課金される
※購入されなくても課金が発生するため薄利の商品の場合は赤字となる場合もある
※送信を拒むことはできない
【理不尽な罰金ルールの適用(予定)】
過去に店舗に推進してきたWebページの作り方の方針が真逆となり、作り直しを強要
膨大な作業が発生するにもかかわらず修正できない場合は2019年からは罰金をとることを発表
★業界の概況等
各自なにかあれば記入してください
★違反被疑行為者との関係(各店舗で変えてください。)
取引内容:インターネットショッピングモールと店舗
年間取引高:年間約1億円
取引依存度:※80%
取引年数:10年
※取引依存度が高いほど優越的地位の濫用にあたる可能性が高い
★備考
過去にも法律的にグレーゾーンのぎりぎりのラインで店舗を苦しめてきましたが
今回は明らかに優越的地位の濫用にあたると思われます。
よろしくお願いします。


この記事へのコメント